浄土宗の教え

浄土宗は、法然上人(ほうねんしょうにん)を宗祖と仰いでいる宗旨です。 法然上人は、今から約876年前(1133年)に現在の岡山県(当時の美作(みまさか)の国)にお誕生になりました。 幼少にして父を失い、それを機会に父のおしえのままに出家して京都(滋賀)の比叡山(ひえいざん)にのぼって勉学し、 当時の仏教・学問のすべてを修した後、ただひたすらに仏に帰依(きえ)すれば必ず救われる、 すなわち南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)を口に出して称(とな)えれば必ず仏の救済をうけて平和な毎日を送り、お浄土に生まれることができる、 という他力のおしえをひろめられました。
法然上人 法然上人(当山本堂)
本堂の看板
当時の旧仏教の中でこの新しいおしえを打ち出されただけに、いろいろな苦難がつづきました。 貴族だけの仏教を大衆のために、というこのおしえは、日本中にひろまり、皇室・貴族をはじめとして、広く一般民衆にいたるまで、 このみちびきによって救われたのでした。
法然上人は、どこにいても、なにをしていても南無阿弥陀仏を称えよ、とすすめておられます。 南無阿弥陀仏と口に称えて仕事をしなさい、その仏の御名(みな)のなかに生活しなさい、とおしえられています。 南無阿弥陀仏の仏の御名は、すぐ口に出して称えられます。 できるだけたくさん口に出して称えるほど、私たちは仏の願いに近づくことになるのです。 するとわたくしたちはすなおな心になり、今日の生活に必ず光がさし込んできて、生き生きとした、そして、平和なくらしができるようになります。 それは明日の生活にもつづいて、日ぐらしの上に立派な花を咲かせてくれます。
善導大師 善導大師(当山本堂)
仏様
法然上人のおしえは、今生きることによろこびを感じることであります。 すべてを阿弥陀様にお任せし南無阿弥陀仏とお念仏を称えながら、 「おかげさまで今、生かせていただいている」と感謝をして日々過すことが浄土宗の信徒の生き方です。
(浄土宗公式ホームページ抜粋)
上へ戻る